ネットワーク

重要なデータを簡単共有

大事なデータを共有したいのなら、パソコンの設定を変えるのではなく、オンライン上にストレージを用意するのが一番の方法です。ただし、セキュリティを強固にする必要があるため、有料プランのオンラインストレージサービスを選定しましょう。

詳しく見る

DVD

面倒なコピー作業を代行

ビデオテープなどに残された映像を他のメディアへコピーするなら、DVDダビングのサービスを利用するのが一番です。再生用と録画用の2台の機器を用意する手間が省ける上、何かと時間のかかるダビング作業も人任せにできるからです。

詳しく見る

記事一覧

信頼できる会社を見つける

メンズ

多くの会社では仕事に関する情報をデータ化しているものです。それが壊れてしまうと仕事に支障が出ることから、データ復元をしてくれる専門会社を見つけておきましょう。信頼できて技術力の高い会社に依頼することをお勧めします。

詳しく見る

外部サービスの活用

サーバー

事業者によって提供されるデータセンターは、自前で用意するよりコストがかからず便利です。利用するには専用の申込書類に必要事項を入力し、プリントアウトしたものを送付します。会社の印鑑が必須で、他の必要書類が求められることもあるのでよく確認する必要があります。

詳しく見る

サーバの設置場所

IT

設置場所選定の勘所

事業の情報システム化を推進している規模の大きな企業や公共団体では、これまでは自営のデータセンターを設け、そこに自社の大型汎用機やサーバを設置する方法が一般的でした。ところが約十年程前からは、自営ではなく外部の企業が運営するデータセンターにサーバを設置し、賃借料を支払うケースが増えています。この方式の主なメリットは、データセンター運営に特化した企業による高いサービスレベルを低コストで享受できる点、およびデータセンターの維持管理費を変動費化できるという点です。外部データセンター活用が一般的になった現在では、多くの企業がデータセンター運営事業に参入しています。そのため多くの選択肢の中から、自社にマッチするサービスを提供する業者を上手に選定しなければなりません。以下にデータセンター運営企業選定における勘所を紹介します。まず一点目は、データセンターの建物自体に具備されているセキュリティ面の機能に注目することです。企業が利用するサーバ類では、事業上の機密情報が含まれているケースが多いです。建物への入館等においてセキュリティ面の考慮が十分であり、物理的な情報漏えい対策がなされていることが重要です。次に立地条件です。サーバ故障等のトラブル発生時にすぐに保守員が駆け付けられるロケーションであることが、システムの復旧時間に大きく影響するからです。この際、自社のオフィスからの距離よりも、サーバ保守業者のサービス拠点からの距離やアクセスルートを重要視することが望ましいです。最後に気を付けたいのは利用料金体系です。設置台数に応じてディスカウントされる料金体系を導入している運営会社も少なくないため、自社の中長期的なサーバー導入計画も念頭に入れて継続費を試算する必要があります。以上のような点に注意してデータセンター運営会社を選定すれば、良い結果が得られるでしょう。

Copyright© 2017 データセンターを利用するメリットを紹介【サーバーの安全を守ろう】 All Rights Reserved.