クリニックは危険?

病院で死亡すること

人間という生命体が、あるとき命を持ち、そして別のあるときにそれを失うということは、誰もが知っていることでしょう。私たちは、命を持って生まれてきてから、無明の闇の中にふたたびそれを返すまでの時間を「人生」と呼んでいます。
ところで、誕生する場所も病院なら、死亡する場所も病院であるという人が、今、全体の8割にのぼると言われています。病院というところは、言うまでもなく病を癒し、怪我を治すための場所ではありますが、同時に、「終の棲家」となる場合もあるのです。

多くの場合は、設備の整った病院で闘病の果てに亡くなるというものですが、まれに、事故という形で死亡するというパターンもあります。
医術は、最終的にはお医者さんという人の持つ技術です。人の持つ技術であるからには、成功することもあり、失敗する可能性もゼロではないのです。
品川美容外科に関して寄せられたウワサの出どころも、おそらく、品川美容外科でさえ事故を起こす可能性はゼロではないという「可能性論」に立脚したものなのです。

事故とクリニック

「品川美容外科をはじめとした美容外科クリニックでも、死亡事故は起こり得るのでしょうか?」
その設問に対する答えは「イエス」ですが、死亡するほどの事故の確率は限りなくゼロであると言ってもいいでしょう。過去のことを考えればゼロと言いきることはできませんが、ゼロと1との間には大きな隔たりがあるというのが現状なのです。
なぜなら、品川美容外科では常に先端的な美容のための施術を取り入れていて、「先端的な施術」は常に事故の可能性をそれまでよりも下げることに成功したものだからです。

少なくとも今の品川美容外科では、可能性は限りなくゼロに近いということは、覚えておきたいところです。